導入自治体事例三重県志摩市

SDGs未来都市×クアオルト

日本型クアオルトで持続可能な社会に必要とされる地域マネジメントを

クアの道®認定記念式典でのウオーキング笑顔で参加者を案内する、ガイドの大山夏樹さん(右)(横山天空コース) クアの道®認定記念式典でのウオーキング笑顔で参加者を案内する、ガイドの大山夏樹さん(右)(横山天空コース)

高齢者も生きがいを感じ持続可能な地域づくりを

 志摩市は、持続可能な開発目標達成に向けた取り組みを先導的に進めていく、「SDGs未来都市」に選定されています。御食国としての伝統文化の価値を次世代に継承していくことが必要な中、出生率の低下や若い世代の流出で、令和2年3月末での高齢化率は約39.3%。今後ますます市民の健康寿命に係る対策が必要となり、市民の健康意識の向上、健康寿命の延伸に向けた対策のひとつとしてクアオルト健康ウオーキングに着目し、アワード2018に応募。結果、優秀賞を受賞し、2019年より本ウオーキングの事業を導入しました。
 また同時に、日本クアオルト協議会に加盟し、健康をテーマとしたまちづくりにはじまり、ヘルスツーリズム、ワーケーションなど、日本型クアオルト(=健康保養地)としての存在感を高めていく狙い。

地域文化を生かして魅力あるプログラムの企画運営へ

クアの道認定記念式典(横山天空カフェテラス/英虞湾をバックに)クアの道認定記念式典(横山天空カフェテラス/英虞湾をバックに)

 岐阜市は、市の中心部に鵜飼で有名な清流長良川が流れ、傍らには、頂上に織田信長公ゆかりの岐阜城がそびえる金華山、緑豊かな百々ヶ峰(どどがみね)など、都市でありながらクアオルト健康ウオーキングに適した多様な地形があります。さらに、リニア中央新幹線開業後は東京から1時間圏内と、全国からのアクセシビリティに優れていることも後押しとなり、「都市型クアオルト」として、住民においては、ふるさとの魅力再発見、来訪者にはヘルスツーリズムやスマート・ライフ・ステイとしてのプログラム提供が期待されます。
 また、岐阜県内では林野庁の森林サービス産業モデルエリアに選定された白川村、飛騨市がすでにクアオルト健康ウオーキングを実施しており、2020年から近隣の関市でも導入が始まっています。さらに隣県の愛知では岡崎市、三重では志摩市で取り組みが進んでおり、広域連携を視野に入れた都市型クアオルト事業の推進が加速しています。