よくある質問

アワードについて

  • アワードはどのようなアワードですか?

    • 本アワードは、健康寿命の延伸に向け「クアオルト健康ウオーキング」という野山の運動療法の手法を活用したまちづくりビジョンに対して表彰するもので、住民の健康寿命延伸を目指す自治体の皆様の健康づくりによるまちづくりを支援することを目的としています。受賞後にクアオルト健康ウオーキングの導入が始まります。
  • 受賞した自治体は、なにを支援いただけるのですか?

    • 寄附というかたちで、ハード面では、受賞自治体の自然環境を十分活用し、運動負荷や日射、暑さ、路面の変化、眺望、救急時の対応などの要素を精査したウオーキングコース「クアの道(健康の道)」の整備をおこないます。ソフト面では、安全にかつ運動効果が高まるガイドの手法やウオーキングを継続するノウハウをご提供します。
      住民が継続してウオーキングを行うノウハウは、山形県上山市で行われているクアオルト健康ウオーキング事業に様々なノウハウを加えております。
  • 応募資格はありますか?

    • 自治体(市区町村)に限ります。
  • 予算措置が必要なことはあるのでしょうか?

    • クアの道(健康の道)の設定に関しては、既存のコースを活用する方向ですので、基本的には必要ありませんが、運用する際に、雑草の下刈や安全対策などが必要になる場合がございます。
      また、ガイド業務に関しては、手首血圧計等の機器などの購入が必要となります。
  • 昨年応募したのですが、今年も応募しても大丈夫ですか?

    • もちろん歓迎いたします。
  • 受賞した場合、いつ頃から実施しますか?

    • 平成30年4月から随時、コースとなる「クアの道(健康の道)」調査、ガイド研修、クアオルト(療養地・健康保養地)についての基本レクチャーなどをおこないます。
  • 太陽生命との関係を教えてください。

    • 太陽生命は、平成28年6月より、「健康寿命の延伸」という社会的課題にこたえることを目的として、「太陽の元気プロジェクト」をスタートし、社会を元気にする活動に取り組んでいます。その一環として、日本クアオルト研究所と連携して、疾病予防・健康増進に効果のある「クアオルト健康ウオーキング」の普及に取り組むものです。なお、クアオルト健康ウオーキング導入の直接的な支援は、クアオルト事業の専門家である日本クアオルト研究所が担当します。
  • すでに、ウオーキングを取り入れているので、他のウオーキングを導入するのは難しいのではないかと思うのですが。

    • クアオルト健康ウオーキングは、ドイツのクアオルト(療養地・健康保養地)で、心臓のリハビリテーション、高血圧や骨粗しょう症の治療に活用される「気候性地形療法」という手法を基本にしている健康づくりです。個人の体力に合わせてスピードコントロールをし、「無理しない、頑張らない」のがクアオルト健康ウオーキングで、ちょっとしたコツで運動効果を増すことができます。運動習慣のない多くの方々に適した運動ですので、健康増進・生活習慣病対策・認知症対策等の手法のひとつとしてとらえていただければと思います。
      ウオーキングコースをお持ちでしたら、調査の上、既存のコースにクアオルト健康ウオーキングに適した調整を加えることで、導入可能になる場合があります。
      ※安全に行うための専門ガイド養成は必須となります。
  • 最終審査のプレゼンテーションは、地域おこし協力隊が担っても構いませんか?

    • プレゼンテーションをして頂く方は、自治体の正職員に限ります。

クアオルトについて

  • クアオルトは、ドイツで公的医療保険の適用を受けているとのことですが、実際にそんな手当があるのですか?

    • ドイツの医療は日本と異なり、治ゆ・緩和・予防に効果の有る自然の治療薬(温泉等、海水・海風等、水療法、気候などの4つ要素)を活用して、医療保険が適用になる統合医療と言われ、3週間滞在しての治療が可能です。治療で滞在する場所をクアオルト(療養地・健康保養地)と言います。
      クアオルト健康ウオーキングの手本である「気候性地形療法」は、医療保険が適用され、主に心臓リハビリや高血圧、骨粗しょう症の治療に活用されています。
  • 日本クアオルト研究機構と日本クアオルト協議会、日本クアオルト研究所の関係を教えてください

    • 日本クアオルト研究機構は、学術的にクアオルトを研究している学術団体です。また、日本クアオルト協議会は、クアオルト健康ウオーキングや水中運動などの健康増進プログラムを活用し、日本の風土に適合した日本型のクアオルトを目指す自治体の集まりです。本アワードを主催している日本クアオルト研究所は、健康寿命の延伸を目標に、ドイツのクアオルトの情報や手法を提供して、自治体や企業に実務的な健康づくりの仕組みやプログラムの企画・開発・支援や指導を行う企業です。
      以上の、学術・公共団体・専門企業の3つが連携しながら、日本型クアオルトによる健康寿命の延伸を目指しています。