クアオルト健康ウオーキングとは

クアオルトとは

ドイツでは、国が認定し4つの自然の療養要因で医療保険が適用される特別な地域。

 クアオルト(Kurort)とはドイツ語で、クア(Kur)「治療・療養、保養のための滞在」とオルト(Ort)「場所・地域」という言葉が合わさった言葉で、「療養地」という意味になります。
このクアオルトは、国が認定した特別な地域(基本的には自治体)で、次の4つの療養要因で医療保険が適用される地域です。
入院・通院様々ですが、最長3週間滞在して治療をします。
 現在は、治療客だけではなく、自費で健康づくりに活用する人が8割以上を占めており、その意味では、療養地というより健康保養地の性格が強くなっています。

「4つの自然の療養要因」とは、土に由来する温泉や泥・蒸気、海、気候、クナイプ式

 4つの療養要因とは、治癒、緩和、予防に効果のある自然の治療薬を言います。
その療養要因は、土壌、海、気候、クナイプ式があります。

モバイル用

温泉がある地域では、土壌(温泉)を活用したクアオルトが行われ、海辺に近い地域では、海風や海水を活かしたクアオルトが行われています。
その土地にあったクアオルトがドイツでは様々な地域で行われています。

※ クナイプ式は、クナイプ牧師が、罹患した結核を自分で治癒した手法を体系化したもので、水療法・運動療法・食餌療法・植物療法・秩序療法の5本の柱からなり、自然の力を利用して自らの治癒力を高める治療手法です。

気候性地形療法とクアオルト健康ウオーキング

気候性地形療法は、「気候」のクアオルトで活用される、
自然の野山を歩いて治療する運動療法です。

 ドイツにおける気候性地形療法の特徴の一つは、個人の体力に合わせた運動リスクの少ないウオーキングで、運動負荷を心拍数(脈拍)の測定でコントロールします。
 その目標となる心拍数は、160−年齢で、運動負荷としては55~60%程度となり、全力の半分を少し超えた程度の強さで、苦しさが少ないものです。ただし、血圧降下剤を服用する方は、160−年齢の数値から、10~20%減じた目標としています。
 もう一つのポイントは、運動中「やや冷える(運動時の体表面温度が、運動前に比較し平均2度低くなる状態)」と感じる服装で行うと運動効果が高まるという医科学的な根拠(エビデンス)を活用し、汗を上手に気化させて体表面の温度を下げて、運動することです。暑い場合は、水を活用して、強制的にやや冷える状態に誘います。
 ドイツでは、心臓のリハビリ(心筋梗塞や狭心症のリハビリテーション)や高血圧の治療、骨粗しょう症の治療などに利活用されています。
 日本における気候性地形療法は、あくまで健康づくりとして実施されています。

クアオルト健康ウオーキングは、気候性地形療法を基本としています。

 クアオルト健康ウオーキングは、ドイツのクアオルトで活用されている、気候性地形療法の手法やコースの基準を基本とし、日本の自然環境や気候に適合させ、路面の傾斜や変化、安全対策などに配慮した、運動療法です。
 日本では、青森市浅虫温泉、山形県天童市、同県西川町、石川県珠洲市、秋田県三種町、岐阜県白川村、大分県由布市などで活用されており、年々増えています。
 クアオルト健康ウオーキングの基本となる「クアの道(健康の道)」のコースは、気候性地形療法コースの基準を基本とし、日本クアオルト研究所が調査・設計し認定しています。
 気候性地形療法を見出したミュンヒェン大学アンゲラ・シュー教授の様々な指導を得て指名され、学術的にコース調査ができる日本での人物が、同研究所の所長、小関信行博士です。